新潟県胎内市は胎内川を中心に、海・山・里が一体になった美しいふる里です。

Choose a language:

おすすめのお店

JA胎内市・ふれあい逢菜館

新鮮食材と特産品が勢ぞろい!

地元で採れた野菜や果物を中心に、お米、切り花や花だん苗などの花き類、精肉やお魚など、胎内ならではの特産品が並んでいます。月替わりでキャンペーンを行い常にお客さまへのサービス精神にあふれる逢菜館は、地元の方だけではなく遠方から足を運ばれる方も多い人気の直売所です。

※以下は『カメラ女子 in たいない』による取材記事です※
お伺いしたのは2020年3月。価格等の情報は取材当時のものです。


 

 

今年も“つぼみ菜”の季節が来たね」

 

「うちは“子持ち高菜”って言うよ」「わたしコレ初めて見る!どうやって食べるの?」

 

 

 

 

お母さんたちの情報交換の声が飛び交う農産物直売所。

 

かくいうカメラ女子も、年齢と共に野菜の美味しさや新鮮さが気になりはじめ、今では直売所と聞くとテンションが上がるようになりました(笑)。

 

 

 

 

地域の魅力がギュギュッと詰まった「まちの台所」。

 

「その土地のことが知りたければ直売所に行け」とは有名な・・・いえ、今わたしが考えた言葉ですが(すみません)、あながち間違いではないほど色んなお宝が集まっているんです!

 

 

 

 

というワケで、今回は胎内市を知るのにもってこいのスポット、JA農産物直売所・ふれあい逢菜館をご紹介します!テンション、上がってきました~(*´罒`*)♪

 

 

 

 

 

 

ふれあい逢菜館には、地元で採れた野菜や果物を中心に、お米、切り花や花だん苗などの花き類、精肉やお魚など、胎内ならではの特産品が並んでいます。

 

 

 

 

商品は農家さんたちが朝一番に運び込み、古いものを回収していくので毎日新鮮!量販店などで山積みされた野菜とは甘みや旨味、味わいが全然違うんです。

 

午後には品薄になっている場合があるので、お店に行くのは午前中がオススメ。

 

 

 

 

地元のお野菜だと輸送のコストが少ないため比較的安価なのがポイント。

 

有機肥料を使っていたり減農薬にこだわっていたりと、安心・安全な野菜であることも特徴です。そして、旬のお野菜は素材そのものの味が美味しいので、味付けがシンプルで良くて健康的♪ というメリットも!

 

  

 

 

 

さらにさらに、今の時期、この土地でしか出回らない珍しい野菜があるのも魅力!

 

「コレ、どうやって食べるの・・・?」と思ったら、近くに掲示してあるPOPを参考にしましょう。農家さんがオススメの食べ方を紹介したりしています。運よく品出しのタイミングに出会えたら、直接農家さんに質問してみるのもアリです( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾

 

 

 

 

さて、買い物カゴを片手に宝探しをしていると、売り場の一角に見慣れないショーケースが・・・。ここは、数種類の玄米の量り売りコーナーです。

 

隣には精米機があるので、なんと精米したてのお米を買って帰ることができるんです!

1kgずつ味比べで数種類・・・なんて、ちょっとユニークなお土産になるんじゃないでしょうか(*ฅ́˘ฅ̀*)♡

 

 

 

 

もちろんパッケージ済みのお米もたくさんあります。オススメは胎内市産“新之助”!
逢菜館でも、この新之助を製粉した米粉でラーメンや冷やし中華を開発するなど、PRに力を入れています。

 

 

 

 

これがそのパッケージ!

新之助のブランド力に加えて珍しい米粉の麺というインパクト、「胎内にいってきました」感が全面に出ている、まさに最強の胎内土産です«٩(*´∀`*)۶»!!

 

 

 

 

続いて回ってきたのは精肉のコーナー。

 

新潟県産の質の良い豚肉がお安く買えるとあって、いつも大・大・大人気!

艶のあるピンク色が並んでいて、見た目にも新鮮さが分かります。

 

 

 

 

様々な部位のお肉が1パック500円、1000円のポッキリ価格。

素材にこだわる飲食店や業者の方も、野菜と一緒に仕入れに来られるとか。

精肉は、毎週火曜日~金曜日に入荷です。

 

 

 

 

お店の一推し!とばかりにスペースが取られているのは胎内市産のさつまいも「べにはるか」。

 

市内でもべにはるかを使ったスイーツコンテストが開催されたりしていて、胎内市特産品の代表格として大事に大事に育てられています。

 

 

 

 

近年では、そのべにはるかの中でもJAの厳しい審査基準をクリアしたお芋を「はるかなた」としてブランド化。

 

驚くほどの甘さとしっとり食感が特徴で、道の駅で焼き芋を出すと即完売するほどの美味しさなんです♡

 

今後逢菜館でも、イベントに合わせて「はるかなたのバター」などを開発していく予定とのこと。最新情報をチェックしていきたいと思います(⁎˃ᴗ˂⁎)!!

 

 

 

 

年に3回あるイベント日には、毎回多くのお客さまが訪れます。

 

 

「お客さまに喜んでもらえるように、スタッフみんなで相談して内容を考えています」と話してくれたのは、広報担当の渡辺大資さん。

 

 

 

 

「お客さまとの距離が近いのが、この直売所の特徴かもしれません。農家さんはもちろん、スタッフもお客さまとのコミュニケーションを大事にしています。そのお声の中から、次回のイベントのアイディアをもらったりしています」

 

 

他にも月替わりでキャンペーンを行っていたりして、常にお客さまへのサービス精神にあふれている逢菜館は、地元の方だけではなく遠方から足を運ばれる方も多い人気の直売所なのです。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか・・・。

 

直売所愛が溢れて終始テンション高めの内容となりましたが、「胎内のことが知りたければ逢菜館へ!」というのもご納得頂けたのではないでしょうか?

 

水よし、土よしの胎内市は、食材の宝庫です。

 

ぜひ胎内のお宝を探しに、ユニークなお土産をゲットしに、逢菜館にお立ち寄りください!

 

 

 

 

施設情報

住所胎内市本郷字家の下493-2
TEL0254-43-5511
営業時間平日 9:00~18:00/土日祝 9:00~17:00
定休日なし(12/31~1/3年末年始のみ休業)