新潟県胎内市は胎内川を中心に、海・山・里が一体になった美しいふる里です。

Choose a language:

おすすめのお店

カフェ工房 まめ

手作りの温もりをあふれる癒しの空間

元和菓子職人のオーナーとパティシエの娘さんが共同経営するくつろぎカフェ。お食事メニューは一から手作りというこだわりがあり、家庭的な優しい味が好評です。JR中条駅西口から徒歩5分。

※以下は『カメラ女子 in たいない』による取材記事です※
お伺いしたのは2020年5月。メニュー・価格等の情報は取材当時のものです。



 

 

 

おうちで過ごす時間が長くなったため、「家カフェ」なんていう言葉が定着しつつあります。

 

家に居ながらカフェ気分を味わえるように、インテリアに手を加えたり、好きな音楽を流したりしてコーヒータイムを楽しむこと。

 

気分転換になって良いのですが、常におしゃれなカフェのように!とは、なかなかいかないですよね。

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、まさにおうちに居るような感覚でくつろげるお店。

好きなもの、温かいもの、優しいものに囲まれた、「家カフェ」の理想。

 

 

 

 

 

中条駅西口から徒歩5分。中条中央病院の通りにある一軒家のような建物が目印です。

カフェ工房まめさん!

 

 

 

 

お店に入る前、まずお庭やエントランスにある植物の多さに目が行きます。

 

いいなぁ~っ!うちにもこんなお庭が欲しい(⁎˃ᴗ˂⁎)♡

家カフェには緑をたくさん置くべし・・・などとメモをとりつつ、さっそく店内へ。

 

 

 

 

いやぁ~、素敵!モデルハウスみたいですぅ・・・.◦(pq*´꒳`*)♥♥*

 

落ち着いたウッドカラーで統一された対面式のキッチンとダイニング・・・

もとい、カウンターとテーブル席。

 

これこれ!こういうナチュラルな雰囲気が家カフェの理想なんですよね!

 

 

 

 

何気ないように見えて、インテリアやファブリックのチョイスが秀逸!真似をしたいけれど、なかなかこの調和は生まれないもの。

 

 

「自分の好きなものを集めて置いているだけなんですよ」

 

 

そう話すのはオーナーの山下佐代子さん。

 

 

 

 

「娘に、“この店はお母さんの部屋にそっくり”って言われます。お客さまにも、私の家に招いてゆっくり過ごしてもらっているような感覚なんです」

 

お店はパティシエのお嬢さんと共同経営。

美人親子が提供する癒しの空間が、まめの最大の魅力とも言えそうです。

 

 

 

 

さて、それではさっそくお食事を注文してみましょう!

日替わりランチのボードに見えるのは、胎内特産「米粉」の文字。

 

まめさんでは、原料・材料にこだわって一から手作りしている料理が多いのだとか。

例えばピザの生地やソース、サラダのドレッシングなんかも全て手作り!

 

 

 

 

今回は、山下さんオススメの「デミグラスソースのハンバーク」を作って頂きました。

 

特筆すべきはソースの美味しさ!とろみが出るまで煮込んだ玉ねぎが甘く深いコクになっています。副菜のメニューも一品一品丁寧に作られているのが分かる~(*´︶`*)!

品数多めのランチセット、嬉しいですよね。

 

こちらは人気メニューのため日替わりランチに加わることも多いそう。

運よく出会えたときはぜひ頼んでみてください!

 

 

 

 

お腹いっぱい、幸せな気分でくつろいでいると、魅惑のデザートボードが目に入ります・・・。

 

こちらにも「100%米粉使用」という文字。

日替わりの洋菓子・和菓子には、季節感のあるメニュー並んでいます!

 

 

 

 

抹茶のチーズケーキ、300円。

抹茶と、チーズ?不思議な組み合わせと思いきや、抹茶のコクとチーズの酸味が合う合う!

 

 

 

 

栗のロールケーキ、こちらも300円。

米粉独特のふんわりモチモチの生地と上品な甘さの栗クリームが優しい~(ღˇᴗˇ)。o♡

 

 

 

 

そしてご覧ください!可愛さが爆発している練り切りの数々~(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♥♥!!

 

元和菓子職人の山下さんが手がける風物の上生菓子は、見ているだけで癒されるほっこりデザイン。いずれもひとつ200円ですが、食べてしまうのがもったいないくらいです!

 

 

 

 

「お食事やデザートは、その時旬の食材や頂いた果物などからメニューを考えるので、常に入れ替わるんですよ」

 

 

お客さま側からすれば嬉しすぎる選択肢ですが、提供する側としては大変なのでは?

 

 

「もともと料理が好きだし、昔から“いつか自分のお店を持つ!”と言い続けていたので、家庭内でも新メニューを作り続けていました(笑)。娘もそういう環境で育っているので、お互い苦ではないんです」

 

 

 

 

なるほど・・・・

家カフェのヒントを探してお訪ねしましたが、「おうちにいるような感覚」で「贅沢」できるから気分転換になるんですよね( ˙▿˙ ; )。。。

 

「ここは好きなものが集まって出来ているんです。置いてある雑貨は、私や家族の趣味で、手作り。植物も常連さんが好意で持ってきてくださるんです」

 

 

 

 

山下さんはあくまで自然体。

 

このレベルを維持するのはとても難しいようにも思えますが、サラリと笑顔で言い切ります。

 

「お店の名前“まめ”の由来は、私のルーツ、和菓子の“いんげん豆”というのもありますが、マメに一つ一つ手をかけたいっていう思いからなんです(笑)。好きなことだからコツコツ努力を続けていられる」

 

 

 

 

「今まで人とのご縁でやってきました。新しいお客さまとの出会いも楽しみです。友だちの家に遊びに行くような気持ちで訪ねてみてください」

 

おうち時間に疲れたら、まめでゆっくり過ごすのがいいみたい。

 

手作りの優しさに囲まれた癒しのカフェ、まめ。

皆さまぜひお出かけください(*ฅ́˘ฅ̀*)♡

 

 

 

施設情報

住所胎内市西本町8-51
TEL0254-28-8281
営業時間10:30~18:00(ラストオーダー17:30)※現在短縮営業中
定休日月曜・第1、第3日曜日
下記のリンク(Instagram)で営業状況確認できます!
↓↓↓